» 投稿日: 2011-11-17 |カテゴリー: JD Classics

ドレスシャツの中で衿先が長いものをバリモアカラーシャツと呼び、
1920年代のハリウッドスター「ジョン・バリモア」が好んで着用したことからこう呼ばれるようになった。
 
衿のラペルが大きいハリウッドバギースーツやズートスーツとの相性が良い。袖口は当然フレンチカフ(ダブルカフ)で、そこにカフリンクスは不可欠なアクセサリーである。カラークリップやピンホールピンで飾るのも近頃ではあまりお目にかかれない洒落たVゾーンの演出である。

バリモアカラーシャツ16,590円

ニューバリモアカラーシャツ16,590円

ニューバリモアカラーピンホールシャツ17,640円