» 投稿日: 2011-10-24 |カテゴリー: JD Classics

裕福な暮しと広大な土地、夢溢れるアメリカ大陸を目指したイタリア移民を始めとする多くの移民達は、アメリカ上陸後間もなく夢破れ、裏通りで寄り添うようにひっそりと暮すようになった。

そうして出来上がったのがリトルイタリー。
その中に、屈する事の知らない若者達がいた。盗み、バクチで小銭を稼ぎ、街のチンピラとなった彼らは、やがて禁酒法の時代に、酒の密輸、密造、闇酒場の経営などにより、アメリカ社会の裏側に君臨するようになった。初めて手にした名声と富、そして誂えたのがバギースーツである。
力強く美しいシルエットのバギースーツは、アル・カポネやラッキー・ルチアーノ、バグジー・シーゲル達のトレードマークとなった。

男は男らしく、女は女らしかった古き良き時代の、最も男の色気溢れるスーツが、このバギースーツである。
もともと貧しい生い立ちのギャングとジャズメン達・・・

禁酒法の時代にギャングはトミーガンとバギースーツを、ジャズメン達はリンディーホップとズートスーツを手に入れ、お洒落を楽しみつつ、
ライフスタイルまでドレスアップした彼らの生き様は不良少年達の憧れであり、まさに時代のファッションリーダー的存在となっていたのである。

バギースーツの特徴

現在では三ッ揃えのスーツはシングルブレステッドが殆どで、ダブルの三ッ揃えはあまり見かけない手の凝った仕様である。
1920年代から40年代を背景とした映画の登場人物の多くが身にまとっている。
ジャケットは胸板を厚く逞しく見せる為、ウエストのシェイプが強く絞られ、胸を強調したシルエットで、着丈はズートスーツのように長くない。
ベントの仕様はノーベント。パンツはズートスーツ同様、現代のものと違い股上が深く、サスペンダーで吊り上げる極太のパンツは、『バギーパンツ』又は『オックスフォードバグズ』と呼ばれ、体にまとわりつかず、裾までまっすぐ綺麗なラインを生み、太さの割にスマートな印象を与える。
インプリーツの2タック仕様は、下腹を少々引っ込めて見せる効果もあり、力強くもスマートさを意識したシルエットは、現在の既製のスーツにはない雰囲気を醸し出している。

Single Long Zoot Suit 98,700円から〜
オーダー随時承っております。
お問い合せ: 0120-53-7467
メール: info@jd-zoot.com